運動せずにたくさん食べる糖質控えめダイエット 5

4ヶ月で7.5kg痩せました。

運動はほとんどしない。

ビールは毎日飲みたい。

米・小麦粉・砂糖を控えめにすることで、痩せることはできるのか?

ダイエットを開始してから4ヶ月経過。

糖質控えめダイエット 1

体重は、△7.5㎏、理想体重+5.0㎏。

1ヶ月目は△2.5㎏、2ヶ月目は△4.0㎏(△1.5㎏)、3ヶ月目が△6.0㎏(△2.0㎏)、4ヶ月目が△7.5㎏(△1.5㎏)。

4ヶ月で7.5㎏減、1ヶ月で1~2㎏減のペースが続いてます。

何となく、ダイエットの効果が出ているような気がしますね。

理想体重よりは5㎏も重く、まだまだお腹も出ていますので、成功と言い切るには早いかもしれませんが。

ストレスの方は、毎日ビールを飲めているおかげで感じません。

パンや麺類はかなり減らしてますので、恋しくなるかな?と思っていましたが、たまに食べてストイックになり過ぎないようにしているので、まぁ我慢できています。

炭水化物系を食べる時は、デザート同様、できるだけ食事の後半にするように心がけています。

体重計に乗って、翌日に調整すれば、何とかなっています。

豆腐の代用効果も見逃せません。

豆腐ハンバーグがそんなに好きではないので、私の中で代用肉としての豆腐はナシです。

ところが、炭水化物の代用としては頑張ってくれました。

刺身・オン・ザ・ライスの代わりに、刺身・オン・ザ・豆腐♪

しらす丼の代わりに、しらす&生卵・オン・ザ・豆腐♪

ピザ生地の代わりに、チーズ&ミート・オン・ザ・厚揚げ♪とか・・・。

好みもありますし、あくまで個人の感想ですが、私には許容範囲でした。

降圧剤ストップも継続中。

私は、塩分摂取が血圧を上げるとは限らない説を(都合よく)信じております。

しかし一方で、塩分の過剰摂取が健康を害することは、ほぼ間違いないようです。

塩分タップリのつまみ大好き酒飲みや、塩分多め食生活の日本人にとっては厳しい話ですね。

何となくダイエット成功感もチラついてきたことですし、この糖質控えめダイエットは継続します。

2020年5月時点で私が(都合よく)信用している説

〇適度な運動とバランスの良い食事が王道なのは、分かってますってば。

〇毎日ビール500ml程度なら、休肝日は必要ない。

○ビールには、食欲増進効果があり、満腹中枢も麻痺させるので注意が必要。

〇カロリー摂取で太る説は少し乱暴。カロリー消費(運動)で痩せる説はまっとう。

〇糖質は、脳ミソのための栄養素。完全カットは危険だが、過剰摂取すると太る。

〇カロリーが高くても、脂肪摂取は肥満の原因ではない。

〇肥満の原因は血糖値の急上昇。糖質制限や食べ順ダイエットは効果がある。

●白ごはんの代わりに豆腐、パンの代わりに厚揚げは、許容範囲の美味しさ。

〇冷たい炭水化物は、血糖値の急上昇が起こりにくい。

〇中年男性にとって、学生時代の体重が理想。

○毎日体重計に乗ることは、意識面への効果が高い。

〇塩分摂取と高血圧の因果関係は、まだ証明されていない。

●塩分の過剰摂取が健康を害することは、ほぼ間違いない。

糖質控えめダイエット 6