運動せずにたくさん食べる糖質控えめダイエット 1

運動せずに、お腹いっぱいに食べる。

ゆる〜い糖質制限で、どこまで減量できるか試してみます。

運動はほとんどしない。

ビールは毎日飲みたい。

米・小麦粉・砂糖を控えめにすることで、痩せることはできるのか?

今までダイエットに成功したためしがないんです。

スポーツはもちろんのこと、ウォーキングも長続きしない。

ものぐさな私と運動系ダイエットは、かなり相性が悪いようで・・・。

通勤時に手前の駅で降りて歩く、というのも試したけど1~2ヶ月で挫折。

ドローイングや1分程度の体操も挫折。

そうなると食事制限しかないけど、これもなかなか難しい。

一年中休肝日はなく、酔っぱらって満腹中枢が崩壊。

ついつい暴飲暴食の繰り返し。

そりゃ太りますよね。

適度な運動と、バランスの良い食事がベストなのは百も承知です。

でも、実際難しいですよね。

もう少し、楽なダイエットはないのでしょうか?

私の経験では、レコーディングダイエットがそれなりに効果ありました。

毎日、数字を確認しながら目標管理するやり方は男性向きなんですかね。

毎日、体重計に乗ると意識が高まる効果もあるのか、みるみる体重が減っていきました。

最終的には、学生時代の体重プラス3kgまで追い上げました。

20代後半〜30代前半の体重です。

しかし、結果的にはこの成功体験が仇となります。

「その気になればいつでも痩せられる」と、ついつい油断してしまったんですね。

暴飲暴食を再開し、見事にリバウンド。

ポッコリを通り越し、でっぷりお腹。

体重は、そこから約10㎏増。

理想体重よりも12.5kg重くなってしまいました。

健康診断では、しっかりメタボ判定。

血圧・コレステロールなどは、ずいぶん前から投薬治療。

全く、不健康極まりない身体になってしまいました。

ふと、テレビを見ていると、糖質制限ダイエットの特集。

豆腐・チーズ・マヨネーズなどをうまく使って、満腹にしてしまえとのこと。

ナルホド!

糖質制限の対象って、米や小麦粉や砂糖、ビールやワインなど、美味しいものばかりですもんね。

制限したら、そりゃストレス溜まります。

糖質控えめにするかわりに、思いっきり食べることでストレス軽減というわけですね。

しかし・・・、ビールはやっぱり毎晩飲みたい。

糖質完全カットは脳への悪影響があるので、糖尿病でもない限り、やめた方がいいらしいです。

それなら、米やパンや砂糖を減らすことにしてみよう。

運動もせずに糖質を控えめにする、ゆる〜い糖質制限です。

健康のためには、塩分のとりすぎにも気をつけないといけないところですが、二兎を追うものは・・・とも言います。

まずは塩分を制限せず、減量の方を優先させようと思います。

新しい年のスタートとして、一度試してみます。

2020年1月時点で私が(都合よく)信用している説

〇適度な運動とバランスの良い食事が王道なのは、分かってますってば。

〇毎日ビール500ml程度なら、休肝日は必要ない。

〇カロリー摂取で太る説は少し乱暴。カロリー消費(運動)で痩せる説はまっとう。

〇糖質は、脳ミソのための栄養素。完全カットは危険だが、過剰摂取すると太る。

〇カロリーが高くても、脂肪摂取は肥満の原因ではない。

〇肥満の原因は血糖値の急上昇。糖質制限や食べ順ダイエットは効果がある。

〇中年男性にとって、学生時代の体重が理想。

〇塩分摂取と高血圧の因果関係は、まだ証明されていない。

運動せずに無理なく痩せたい糖質控えめダイエット 2